日蓮宗について

ペット供養と水子供養 兵庫県たつの市に在る日蓮宗のお寺「常照寺」

line-fff.gif
常照寺
line-fff.gif

常照寺会館の露盤宝珠と宗紋常照寺会館の露盤宝珠

祖師日蓮聖人像祖師日蓮聖人像

うちわ太鼓とお題目うちわ太鼓とお題目

日蓮宗


「日蓮宗」はお釈迦さまの教えである「法華経(ほけきょう)」をよりどころにする宗派です。

この「法華経」を、身をもって読まれ布教された「日蓮聖人」を宗祖(しゅうそ:私たちに道を示された最初の人)と仰いでおります。

日蓮宗の教義は、「法華経の魂を、お題目(おだいもく)にこめられた宗祖の教えに導かれて、私たちが信仰に励み、この教えを広めることによって、やがて世界の平和と人類の幸福ひいては個人の幸せにつながる」ということを確信できる教えであります。

(日蓮宗新聞社発行 パンフレット『日蓮宗』より一部引用)


日蓮聖人


「日蓮聖人」は、承久4(1222)年に現在の千葉県 鴨川市 小湊に生まれました。

12歳の時に、勉学のため清澄寺(せいちょうじ)へ登りましたが、お釈迦さまの説かれた「真実に導く道」は1つであるのに、なぜさまざまな宗派が生まれ、まるで競い合うようになってしまったのかと疑問を抱かれました。

16歳で出家され、諸国を遊学し、数多くの教典や書物から、法華経こそがお釈迦さまの最高の教えであると確信されました。

その後、再び清澄寺に帰り、ついにご自身が悟ったお釈迦さまの真理を世に広めるために布教を始められたのです。

(日蓮宗新聞社発行 パンフレット『日蓮宗』より一部引用)


お題目


日蓮聖人は、法華経(妙法蓮華経:みょうほうれんげきょう)に説かれたお釈迦さまの教えを強く信じ、生涯にわたって実践されました。日蓮聖人の実践されたその教えこそが、法華経の教え「南無妙法蓮華経」の「お題目」なのです。

聖人は、この「お題目(お経の題名)」を唱えるという祈りの形を私たちに示されました。「南無妙法蓮華経」とは、「その尊い教えをよりどころとし、心と体のすべてで信じ続けます」という意味です。私たちが「お題目」を唱えることにより、法華経の教えへの信仰もより堅固なものとなっていくのです。

(日蓮宗新聞社発行 パンフレット『日蓮宗』より一部引用)


wt1_top.gif

真浄山 常照寺
兵庫県 たつの市 龍野町 福の神 18
TEL 0791-62-0136 / FAX 0791-78-8070


Copyright 2008-2014 常照寺. All Rights Reserved.