盂蘭盆せがき法要のご案内

ペット供養と水子供養 兵庫県たつの市に在る日蓮宗のお寺「常照寺」

line-fff.gif
header.jpg
line-fff.gif

HOME > ニュース > 2017 盂蘭盆施餓鬼法要

盂蘭盆せがき法要のご案内

  迎え火や
    父の面影
      母の顔

  お盆には、ご先祖さまをはじめ有縁・無縁の精霊への報恩感謝のご供養(墓供養・塔婆供養)をいたしましょう。

urabon02.jpg

urabon05.jpg

urabon09.jpg

urabon08.jpg

urabon12.jpg

お盆のいわれ



目蓮尊者(もくれんそんじゃ)というお釈迦さまのお弟子が餓鬼の世界に堕ちた亡き母を助けようとする物語(仏説盂蘭盆経:ぶっせつうらぼんきょう)に基づいています。

目蓮尊者の母は生涯、他人を思いやることなく、もの惜しみの気持ちが強かったため、死後にその罪で餓鬼の世界へ堕ちてしまいました。目蓮尊者はそれを非常に悲しみ、亡き母を救おうと神通力(超能力)で食べ物や飲み物を与えようとするのですが、かえって母を苦しめる結果となってしまいます。

そこで目蓮尊者は、お釈迦さまのもとへ帰り、助けを求めました。するとお釈迦さまはこう言いました。
「おまえの母は生前、自分の子供や自分の家族だけのことしか考えず、困っている人に施さず、助けようともしなかった。このため餓鬼の世界に堕ちてしまったのだ。おまえの親を思う気持ち・神通力をもってしても、助けることはできない。ただし、7月(8月)15日に尊い安居(あんご)の修行を終えた僧侶が精舎(寺院)に集まるが、この時に衣服や食事を供養し、一心に祈れば、現在の父母は病や苦しみを離れ、さらに過去7世の親族・父母も救うことができるだろう。」

目蓮尊者は、さっそくごちそうや衣服をととのえ、修行を終えた僧侶たちに供養しました。すると、その功徳によってお母さんをはじめ餓鬼道で苦しんでいた精霊が救われました。こうしてお盆の時に餓鬼たちの苦しみを思い、亡き父母や先祖を助けるために、有縁・無縁の精霊たちに平等に仏法の加護と供養の品々がとどくようにと施餓鬼会を営み、一心にお祈りするようになったのです。


常照寺 盂蘭盆施餓鬼法要


8月16日(水)

午前10時30分
  合同供養塔での墓前供養

午前11時
  法話『先祖を供養する心』

正午
  おとき
  粗飯供養(昼食)

午後1時
  盂蘭盆施餓鬼法要(初盆・壇信徒各家先祖・水子・英霊・無縁仏)
  塔婆供養

お問合せは,お電話・ファックス,もしくはホームページのお問い合わせ窓口よりお気軽にご連絡下さい。

お電話:0791-62-0136/ファックス:0791-78-8070/LinkIconメール


wt1_top.gif

真浄山 常照寺
兵庫県 たつの市 龍野町 福の神 18
TEL 0791-62-0136 / FAX 0791-78-8070


Copyright 2008-2014 常照寺. All Rights Reserved.